まったりゆるり♪

いらちな私とまったりな夫、ゆるりな娘・中3の日常を気ままに綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

親子で楽しむ歌舞伎教室!

国立劇場での「親子で楽しむ歌舞伎教室」に行ってきました。
zoo_momさんのブログを拝見してネットでチケットを購入したのですが。
これが大正解っ!

一等席で親子で3000円って、なんてお得なのっ。
なんて楽しいのっ♪ 

男女蔵さんと研修生さんたちによる
解説は、立ち回りの様式美をアピールしていたし、とっても
わかりやすい!
先月歌舞伎座で見た演目には、
とんぼをきるような派手な立ち回りはなかったから、
「こわくないのかなー。でも、おにいさんたち、かっこいい!」
夢中で舞台に見入ってしまいました。

さてさて、
お楽しみの「歌舞伎体験コーナー」。
今回は舞台経験豊富らしい9歳男児と、小柄な10歳男児が
あてられていました。
希望者は全館くまなくいるのだけれど、
進行の都合上、1階席の前のほうにいる男子しか見ないのね、男女蔵さん。
2階前列から冷静に観察してしまった(^^;。

あててもらう気満々だった娘は、
「来年は、絶対に前の真ん中の席をとってねっ」
と早くも来夏の話(^^;。
でも、女子は過去にあててもらったことって、あるのかな?。
たぶん、将来の研修生を募るための「種まき」だから、
男子しか選ばないんじゃないかと思うんだけど…
まあ、なるべく前の席がとれるように、努力してみます>グレ☆

今回の演目は、「彦山権現誓助剣」。
イヤホンガイドなしで見ることにしました。
もったいないおばけが出たから、ってわけじゃなくて…(^^;

先月、歌舞伎座に行ったとき、
娘にも内容がよくわかるようにと、わざわざ借りたにもかかわらず、
「イヤホンガイドがあると舞台に集中できない。
台詞を言っているときに、難しい言葉で解説が入るんだもん。
頭がごちゃごちゃになって嫌なの。
子供には、イヤホンガイドはむいてないよ!」
と不評だったからです。

それに、親子で楽しむと冠した演目だけに
ストーリーはごく単純。
入り口で渡されたパンフレットと男女蔵さんの解説で、
あらすじと登場人物の関係は娘も把握できました。
もちろん。
解説すべき内容や知っておくといい情報は
どっさりあるでしょう。
でも、まずは、
「舞台に集中!」。
そこで繰り広げられる世界を、五感で楽しむことから
始めればよかったのでした。

古語のせりふをすべて「理解しよう」って思うから疲れるし、
眠くなる(^^;ということに、ようやく気づき、反省した次第。
そもそも「もしかしたら勉強になるかも」って欲があったから、
なおさらまぶたが重くなったのでしょう。

今回の演目は、
立ち回り満載でしかも派手!
キャラクターが明快。
見えやコミカルなシーンもたっぷり!
子役ちゃんも大活躍!でとてもおもしろく見ることができました。

娘は、台詞でわからないところ、字幕の漢字が読めない部分が
多々あったものの、
「いきなり女房ですよ、って言われてもさ、困るよね☆」
なんて調子で、笑うところではきちんと笑い。
見せ場では、一生懸命に拍手!
目と耳をフルに使って、舞台を楽しんだみたいです。
もちろん、私も(^^)。

終演後。
演目の解説本(1000円なり)と台本(550円)を
買って帰りました。
帰りの電車で、お園さんの台詞を読みあげてはニヤついていた娘。
周囲に不気味がられていました。(--;

夕飯を食べて帰宅したあとは絵日記タイム。
「見に行ってハイおしまい! にならないように」
と思って、絵日記にパンフレットをはりつけ、コメントを書かせたら…
どんどん長くなっていきました。
「えーい、このまま自由研究にしてしまえ!」
原稿用紙を差し出したら、一気に1000字ほどのレポートを書き上げました(^^;

歌舞伎の歴史や用語の解説を
クラスのお友達に語りかけるような文体でまとめていき。
最後の1行は
「来年は、みなさんも(『親子で楽しむ歌舞伎教室』に)行きませんか? インターネットでもチケットが買えますよ」
だって。

グレ☆よ、キミはe+の営業かえ?(^^;

ともあれ、早くも自由研究?一丁あがり!
雨の中、連れていった甲斐があったわ?(^^)
スポンサーサイト
別窓 | 名称未設定_16 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ぽろりん。。。 | まったりゆるり♪ | 学校間格差にびっくり。。>>

この記事のコメント

私たちが行った日に選ばれた子は、
1人は女の子でしたよ~!!
もう1人は、男の子かボーイッシュな女の子なのか
よくわかりませんでした(^^;)
でも女の子も選ばれるチャンスがあるってことですよ♪♪
今日の読売新聞に、
歌舞伎体験教室の記事が載っていました。
女の子が多いらしいですよ~!!
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/trad/20060726et02.htm

それにしても、グレ☆ちゃんはすごいですね。
うちなんて、ちんぷんかんぷんで、
ただ立ち回りに感動してただけでしたから(^^;)
2006-07-26 Wed 13:41 | URL | zoo_mom #WstX4HDY[ 内容変更] | top↑
歌舞伎だから男女差別があるのかしらとピクついていたら、
zoo_momさんのコメントに女子も
選ばれるチャンスがあるって
書いてあるから安心しました。
面白そうですね。
それにグレ☆ちゃん、すごいですね。
>「イヤホンガイドがあると舞台に集中できない。
台詞を言っているときに、難しい言葉で解説が入るんだもん。
頭がごちゃごちゃになって嫌なの。
子供には、イヤホンガイドはむいてないよ!」 ←ここがすごい。
下手な解説より、
そのままで聞いた方がいい場合も
ありますものね。
後から調べる事もできるだろうし。

我が家も今度機会があったら
連れてってみようかな^^
でも、次男は寝そうな予感…
( ̄□ヾ)ネムー



2006-07-26 Wed 13:54 | URL | 瑠奈 #bi94IFRw[ 内容変更] | top↑
v-238zoo_momさま
記事のご紹介ありがとうございます!
娘の場合は、お友達が歌舞伎に出ているので、心理的な距離が近いことが大きく影響していると思います。
また、大人向けの舞台を3歳から相当数見ていることもあるのかな。
難しい言葉が出てきても舞台に集中すれば、役者さんのしぐさ、表情などで、「なんとなく話もわかるし、感動もできる」と思っているみたい。

古典芸能系は、やはりリテラシーを身につけるまで多少時間がかかりますね。
一度ではまるのは、大人でも厳しいじゃないですか。でも、毎年これに通えば、「うぉー、おもしろいぞっ!」
って思える日がきそう。
荒事系、舞踊系の演目なら、ダンスやアクション好きのzoo君もきっとわくわくできるはず。
特に、役者さんたちの姿勢や物腰をみていると、踊りのジャンルはちがっても、非常に勉強になると思いますよ(^^)
2006-07-27 Thu 23:27 | URL | グレ☆ママ #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
v-22瑠奈さま
将来のお客様を育てる目的でなら、男女差別はないのがわかって一安心。
来年はみんなでいきましょう!
日程がそろったら、お茶会くらいしたいっ(^^)

あー、でもうちも寝ました。
6月の歌舞伎座の演目より、今回のほうがはるかに娯楽性が高かったから、
ノリがよかっただけで。
最後の最後10分くらいは寝てました。
劇団四季なら、後半がんがんもりあげるんだけど、歌舞伎って、話は決着ついているのに、役者さんをこれでもか、これでもか、と見せ付けるような長台詞が続くので、子供には退屈なんだと思います(^^;
その気持ちはよくわかるんだけど。
だからって、いびきはかかないでほしかった(涙)
2006-07-27 Thu 23:33 | URL | グレ☆ママ #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| まったりゆるり♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。